みなみ子育て支援クラブ:バスタオル遊び

6月12日(水)保育園の遊戯室にて、体操の先生とバスタオル遊びを行いました。いよいよ梅雨が始まりましたね。ジメジメとしていてまだ体が慣れておらず、保育園では体調を崩す子も見られます。梅雨にも負けない体つくりをする為にも、体をいっぱい動かして楽しく遊びましょう♪


☆今週の話題☆
~なぜ幼児期に運動が必要なのか③~
「認知的能力の発達」
幼児期(2~5歳児)に遊び・運動をする時は、状況の判断から、身体を動かすまで脳の多くの領域を用います。素早い方向転換に加え、状況判断・予測等を行う全身運動は脳の運動制御機能や知的能力の発達に良いとされています。また、遊びを自分たちで新たに創り出したり、ルールを状況に応じて変えることは、豊かな創造力を育みます。

次回の予定は、6月26日(水)10:30~11:30
「体操の先生と運動遊びをしよう! ~バスタオルを使って遊ぼう!~」です。
バスタオルがあればお持ち下さい。
ぜひ、たくさんのご予約・ご参加をお待ち致しております。

みなみ子育て支援クラブには、男性職員もおります。
お父様でのご参加も、ぜひお待ち致しております。
℡ 029-897-2770 木村・堀田まで

PDFはこちら